息子に襲われた57歳母親が拒み切れずに何度も悶絶させられ絶頂に達してしまう!

レズビアン異常同性愛エロマゾ淫乱交尾
ご近所同士で普段から交流のある主婦の文子とひとみ。ある日の午後、何気ない会話でお茶をしていた二人だったが、文子が「昔に痛めた膝が冷えると痛くて」と言うと「私がマッサージしてあげる」とひとみは文子の身体を揉み始める。痛みと快感に反応する文子の顔を見て欲情してしまい思わずキスをするひとみ。戸惑う文子に続きを仕掛けようとした
性欲が強すぎる母(浮気癖あり)に、愛する彼氏を寝取られた。 八木あずさ
緊張で震える手を叱咤して彼女の家のインターホンを押した智也。予定より早い時間に着いてしまった智也を出迎えてくれたのは、愛する彼女ではなく、その母親あずさだった。ちょうど買い物に出てしまった彼女を待つことになった二人…。智也は彼女よりも艶やかで大人の色気あふれるあずさの胸元がどうしても気になってしまう。そんな智也の反応を
喪服の下に隠れた肉欲・未亡人の渇欲
求め合う男と女に理由は無い…夫の存在を忘れるほどに遺影の前で快楽に溺れる未亡人!!悲しみの奥で静かに蠢く肉欲にあらがえない淫猥未亡人!女として乱れる未亡人の卑猥な姿をじっくりとご覧あれ。